帰ろう

久しぶりに泣きました。

この曲の歌詞を聴いていたら、涙が止まらなくなった。

藤井風さん「帰ろう」

 

 

そしてこの曲を聴いていていたらもう一曲、私が高校生から30歳くらいまで聞いていた歌と、とても繋がっていると思いました。

浜田省吾さん「家路」

この曲も聴いてるとなぜか懐かしい感覚が蘇り、涙が出る。

それぞれ発表された時代は40年くらい違うけど、同じ感情が込み上げて、私にとっては一緒の周波数だった!

(このページの一番下に二曲のPVリンク貼ってます)

 

突然ですが、私は小さい時から生きていてもしっくりこない、社会と接していても何か違う、と感じてました。

なんか生きてるのが居心地が悪い。

存在が嘘のような気がする。

違う星にいるような違和感があって、リアルに感じない。

そんな感覚のまま、生きてきました。

 

でもきっと、神なのか、天使なのかわからないけど、見えない世界に真実みたいなものがあって、自分はそれをなぜか知っている、見たことも聞いたこともないけど、真実はこの見えている現実とは違ったところにある。

何を根拠にそんなふうに思えているのか、そんな自分のことも不思議でした。

そして「帰りたい」。

孤独感。

そんな気持ちがなぜかすごくあったんです。

でも誰にも相談できないままでした。

 

のちにライトワーカーやスターシード、〇〇チルドレンなんて名前の付くグループの人達は、そういう感覚を持っていると知るまで、それがどういうことなのかもわからず、けど真実(であろうもの)を信じ続ける強い意志が必要だと言い聞かせ、表面上は楽しそうに社会に合わせてやっていました。けど現実とのキャップに苦しんで生きていました。

 

「浜田省吾さん:家路」(1980年)の歌詞の最後のところに

 

どんなに遠くても

たどり着いてみせる

時のはざまにいつの日か

魂を解き放って

どんなに遠くても

たどり着いてみせる

石のような孤独を道連れに

空とこの道出会う場所へ

 

 

とあるのですが、今生、自分が生まれてきた目的というか、漠然とした見えないゴールみたいなものがあって、真実と現実が一緒になるまで生き続けることをしていくのが使命みたいな、そんなものを感じてました(昔は本当に知識も情報もなく、混乱したまま生きていました)。

 

生きている違和感と苦しさから何度か自らの命をたとうとしたこともあったけど、そんな気持ちの時にこの歌詞が支えになって思い留まり、辛いけど生き続けないといけないと思ってました。

その意味がスピリチュアルを学び始めて、やっと理解できた。

そして癒しと自分の探求が始まった。

自分は望んだことを体験していた。

そしてこれからは自分がこの現実を創っていく。

 

最近、「解放される」「終わる」と感じ、何万年、何億年?、とっても長い一つの地球の幕が閉じ、新しい地球が誕生して、その地球が別の星と統合されていくと感じていたんです。

 

自由になる。

これからはこの地球が自分の星、故郷に帰ったような感覚で生きていく事ができる。

そんな思いが今年に入ってからあった。

そして先日、藤井風さん「帰ろう」を聞いたら、今生の色々な思いが溢れてきて涙が止まりませんでした。

 

<歌詞の一部>

ああ 全て与えて帰ろう

ああ 何も持たず帰ろう

与えられるものこそ 与えられたもの

ありがとうって胸を張ろう

待ってるからさ もう帰ろう

幸せ絶えぬ場所 帰ろう

去り際の時に 何が持っていけるの

一つ一つ 荷物 手放そう

憎しみ合いの果てに何が生まれるの

わたし わたしが先に 忘れよう

あぁ今日からどう生きていこう

 

今まで地球で生きる違和感について、人には言ってこなかった。

自分は地球人として生まれてきているわけだから、過去生や未来の記憶が強くあったとしても、現実逃避をするようなことはしたくなかった。

地球人の自分を愛そうと思っていたから、ずっと言わなかった。

けどそんなことも、もう気にしなくていい。

 

自分の中で、浜田さんの曲の「空とこの道出会う場所」に来た感じがする。

そして藤井さんの「帰ろう」と言う言葉は、次のステージに行くサイン。

 

制限のない世界。

全て統合される。

天も地も、海も陸も、現実も見えない世界も、過去も未来も、全てつながり、変わる。

 

「帰ろう」の歌の最後、「あぁ今日からどう生きていこう」、この問い。

わたしは今、真実の自分を生きています!

皆さんも次へ行く人は、一緒に行き(生き)ましょう(^^)

行くべきところへ!!!

 

「全て忘れて帰ろう」

「全て流して帰ろう」

「わたしが先に 忘れよう」

 

やっぱり泣くと気持ちがスッキリする(^^)

そして深い部分で解放が起き、これからすごく自分が変わっていく感じがする。

 

「帰る」や「家路」って言葉は、源へ帰るって意味だけど、帰るというよりは進化、まだ見ぬ世界へ旅立とう!って感じにも聞こえます。

今回、この歌を聴いて、次の世界へ行くタイミングだと確信しました。

終わりは始まり。

全てのものに、ありがとう!!!

 

藤井風さん「帰ろう」

 

浜田省吾さん「家路」オフィシャルPV

 

浜田省吾さんとミスチル櫻井さんの「家路」
(櫻井さん浜田さんの大ファンらしい)
https://www.youtube.com/watch?v=12rOfYTPuhs

 

 

ブログよりも深い話をメルマガでは書いています(^^)
ご希望の方はこちらからご登録ください。