レムリアのシャーマンから私達に必要なメッセージ

8月29日に行った「富士山からの遠隔ワーク」にご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

この日繋がった存在から、とっても素敵なメッセージをもらいましたので、レポートさせてもらいます(^^)

 

レムリアやシャンバラに象徴される「自然と調和した世界」、またはアナスタシアの本に出てくるようなお話は、みんな憧れますよね。

そして宇宙や地球・自然界と共に生きる文化を持つ、ネイティブアメリカンやポリネシアン、マヤ文明と同じように、日本も昔はそのような暮らしをしていました。

 

植物や動物と話をして、仲良く家族のようにみんなで生きている世界。そしてイルカやクジラはそれ以上に親密な存在だったりします。

けど現代の私達は、それはどこか過去や物語のお話のように聞こえていて、憧れの世界みたいな、ぼんやりとしたファンタジーのように感じています。

けど今回の富士山からの遠隔ワークを行っていて、もうリアルにその時代に入る、そして別世界に感じていたものが現実なり始めると感じました。

 

それには必要なのは「私達が変わること!」。

私達が進化すること、心を開くこと!

詳しくは後ほどお話しますね(^^)

 

さて今回の富士山からの遠隔ワーク、行ったのは8月29日だったのでまだまだ暑かったけど、いつもワークをしている富士山の二合目に到着すると、ひんやりとした空気で、神聖なエネルギーに包まれました。

 

ワークに向かう途中で
撮影した富士山

 

ワークが始まってすぐにイメージで見えてきたのは、何か記録してある巨石。

表面には文字が書かれていて(古代文字のような感じ)、その石は大事なシンボルで、その石に叡智が記録(波動でデータ化)されているという事がわかりました。

するとレムリアのシャーマン(神官)が現れました。

そして「この巨石は今まで封印されていて、それが今回解ける、紐解かれる、みんなが使えるようになる」とのメッセージ。

まるで宝箱を開けるような感覚です!

そのエネルギーを、参加者の皆さんに忠実に転送する、すごいことになりそうだと感じました。

私の体にレムリアからの繊細なエネルギーが流れ始め、たくさんの存在がこのワークに参加し、サポートしてくれているがわかります。

次に参加者の皆さんに、そのエネルギーが流れていきました。

 

しばらくして見えてきたのは、富士山を中心にして、クモの巣のようにそれぞれのヴォルテックスが繋がっている様子。

セドナ 、シャスタ、ハレアカラ、そのほかの地球のチャクラとも繋がってるイメージが見えてきます。

そして各ヴォルテックスのエネルギーを管理している存在がいるのが見え、その存在達に、参加者の皆さんにするワークをお願いしました。

すると、今回の趣旨である「全てとつながる力」が、参加者の皆さんに強化されていくと、レムリアのシャーマンから説明がありました。

全てとつながる力というのは、人と自然、人と人、高次の存在と自分、健在意識と潜在意識、過去と未来と今。

ありとあらゆるもの全てが繋がっている、調和していく能力が増していくということ。

俯瞰で物事が捉えられ、より高次の感覚で生きていくことができる。

一回りも二回りも、大きな意識で生活し始める。

 

 

シャーマンの話は続きます。

「繋がる」「調和する」

レムリア時代にも、各エネルギースポットを繋いでいく人間、地球のエネルギーのバランスをとる人間達がいて、クジラやイルカ達はすでにそれを長年続けている、と伝えてきました。そしてこれから再び人間も、それをやり始める人が活躍していく。

今までにそのようなワークをしている人達もいましたが、これからは全く違ったやり方になっていくそうです。

人の集合意識を統合していったり、実際に災害を治めて天候を安定させたり、作物が育つ豊かな土地に変えていったり、今まで物語や昔話に聞いていたけど、そういう人達が現実世界で表に出て、活躍する時代が来たとの話。

繋がっている地球のグリッド(光の糸、クモの巣のようになっているもの)を眺めていると、地球のチャクラは同じように輝いていて、全て同じエネルギーになっているのが見えました。もはやチャクラの違いはない。

 

シャーマンの話は続きます。

私達人間のチャクラも昔とは変わってきている。統合が進み、もっとシンプルなものになっていく、と教えてくれました。

そしてこれから参加者の皆さんがスキルアップしていけば、今まで感じられなかった世界を感じ始めるようになっていく。

新しい自分を見ることになる。

今、スピリチュアルのトレーニングしている人は、さらに感覚が鋭敏になって、自分を生かしたワークができるようになるだろう。

なぜならば、調和していくと自分の個性が際立ってくるのが宇宙の法則だからと、話ました。

私はワークをしながら、参加者皆さんの地球とのつながりが強化され、「繋がる力」「統合する力」が強くなっていくのを感じていました。

 

次に、イルカやクジラとの繋がりを感じました。

地球は陸だけでなく海も含めて地球。

イルカもクジラも地球のエネルギーについて熟知している。

常に地球と共に生きている存在。

そんな映像が見えました。

 

 

レムリアのシャーマンは、さらに話は続きます。

これから人間も、かつてレムリアのシャーマン(神官)がしていたように、地球と繋がり、民にワークをしていくようになる。

それは地球と宇宙をつなげる仕事であり、土地を豊かにし、民のエネルギーのバランスをとっていく仕事(先に聞いた話と同じ事)。

その痕跡は古代遺跡にも残っている。

そしてこれから地底都市ともつながる。

人間の魂は今後、地球を離れていく存在だけど、地底人達は今後も地球を守ったていく存在。

人間も地底人から学び、地球を大切にしていく。

環境をよくする知恵を受け取り、様々な多岐にわたるワークができるようになる。

叡智を教えてもらうようになる。

レムリアの人達は、人間達をサポートする準備がもうできていて、今すぐにでも叡智を伝えることは可能。

あとは私達人間がそこに開いていくだけ、そこに飛び込むだけ、そして私達も地球をマスターするようになる。

 

 

地球の中心のエネルギーは次のステージに向かう。

それをサポートしていくのは月のエネルギー。

月は別の星々、銀河のエネルギーを地球に送っている。

 

今後、地球のセントラルサンが変わる。人類もその影響を受けるだろう。それによって地球の次元が変わる。

だから月と海のエネルギーを使っていくといい。変化のキーとなるエネルギーだ。

それはスムーズな変容をサポートしてくれる。

人間は過去の過ちを繰り返さずに、人類を滅亡させない方法で水のエネルギーを使う。

 

その話をシャーマンから聞いていたら、目の前に泉?海?のようなものが見えて、水の中から神殿が出てきました。

そしてそのエネルギーが日本を活性化させていくと教えてくれました。

 

日本は海に囲まれた、水の国。

人は水をうまく使うようになる。

もっと水のエネルギーを使っていける。

 

これは今の水害のこと、そしてアトランティスの過去、それらを癒し、さらにはシリウス(水のシンボル)が今後、新しい形でサポートをしてくれるのを感じました。

 

 

今回の遠隔ワークを皆さんに行いながら、このようにずっとレムリアのシャーマンがメッセージを語りかけてくれました。

そしてワークをしていて、今回ワークに参加された皆さんの中に、過去世でのシャーマンの記憶を思い出したり、その時に使っていた能力を思い出す人がいるんだろうなと感じました。

 

最後に理解できたのは、人間をサポートしている全ての存在達は、すでに全身全霊(っていう言葉でいいのかな)で私達を援助する体制が整っている、オープンになっているという事。

それに対し人類がうまく同調できていなくて、全部を受け取れていない。開いていないんだなと感じました。

私達はもっと様々な存在から高次のメッセージ、叡智を受け取っていくことができる。

その受け取ったものを実際に使い、社会貢献したり、世の中を変えてえていくことが可能。

生活が豊かになって、自然あふれる地球に住むようになっていく。

私達の意識を上げていき、愛の世界をこの現実で体験していくのは難しくないという事です!(^^)

 

私も今後、ワークショップやリトリート、個人セッションを通して、みんなが叡智を使えるようになれるお手伝いを、精力的に行っていこうとあらためて思いました!

みんなさらに輝き、活躍できる!!!

 

帰り道に見た富士山。
写真の写りは暗いですが
月夜に浮かぶ姿は素晴らしく美しかったです!

 

今回ワークに参加くださりました皆様、ありがとうございました!

私もすごく楽しいワークになりました(^^)

よろしければ、それぞれどのように感じたか、感想をいただけますと嬉しいです。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

<関連するワークショップ>
◉チャネリングクラス
◉チャネリング体験1日講座
◉意識の成長、未来に関しては「意識の学校」
ドルフィンスイムや富士山のリトリートはこちらをご覧くださいね(^^)

 

SNSのリンクはこちらにあります!

SNS

メルマガではブログよりも深い話を書いています(^^)
ご希望の方はこちらからご登録くださいね。