年齢は関係ない

 

セアまりさんの作品展へ行ってきた。

まりさんは、網膜色素変形症という目の難病を発症され、今はほとんど見えない中、絵本原作者、そしてフリーダイバーとして活躍中。

テレビや新聞などの様々なメディアに加え、講演会や盲導犬の活動など、忙しい日々を送っている。

出会いは、フリーダイビングのトレーニングの時によく一緒のクラスになった事が始りで、実はスピリチュアルにも関心があるとの話。

水の中の瞑想会にも数回参加してくださってる。

 

 

今回の作品展は、視力がほとんどない中で、存在するはずのないものが見え、それがあまりにも美しいから作品にしたいという思いから制作が始まり、それが形になったもの。

いつもプールで話をしてて、「今こんな感じのものが見えていて、それを作品にしているの!」と、生き生きと話す姿は、とても70歳とは思えないと思っていた。

 

まりさんには別の病名もついている。視力がないのに実在しないものが見えるので「シャルル・ボネ症候群」という診断らしいんだけど、チャネラーの視点からすると、きっとチャネリングで私達が見ている世界と似たものを見ているんだろうなと感じられ、なんとなくどういうものか想像がついていた。

けどそれがどう作品になるのか、とても興味があった。

 

 

 

 

それで実際目にしてみると、幾何学や画像が動いていく様子などの話を聞き、「やっぱりそうか」というふうに感じた。

一般的には病気となってしまうけど、スピリチュアルのフィルターを通して見ると、まりさんはチャネリングをしているのと同じなんだと思う。

そしてまりさんは、それが見えている事をとても楽しそうに話してくれる。

 

 

人の可能性は無限。

そしてチャレンジには年齢は関係ないと、まりさんと会っていていつも勇気づけられる。

実際に行動で私達に可能性について示し、メッセージを伝えているライトワーカー。

最近私は「まりさんの年齢まで輝き続けられるかな?」と考えていたんだけど、作品を見て「やってみたいな」と思った(^^)

まりさんの活動はこちらからご覧になれます。

よかったら見てみてください(^^)

<facebook>
https://www.facebook.com/furimari/

 

 

ブログよりも深い話をメルマガでは書いています(^^)
ご希望の方はこちらからご登録ください。